大武 礼一郎(おおたけ れいいちろう)

  • 1924年大分県に生まれる。1948年以降、日本共産党大分県委員会委員。九州地方委員会委員。中国地方委員会委員。関西地方委員会委員。中央委員会西日本局・宣伝教育部長。

  • 1956年ソ連共産党にフルシチョフが出現。1958年には日本共産党は宮本顕治が支配してしまった。こうして国際的にマルクス主義・共産主義・社会主義運動は修正主義によって支配され、すべての運動はブルジョア化してしまった。このときからマルクス主義の擁護、共産主義と社会主義運動の復興をめざして行動を開始。マルクス・レーニン主義運動全国協議会、日本共産党(行動派)議長。

  • 主な著作にこの『学習のすすめ』、マルクス主義の理論と実践の統一された文献・マルクス主義に関する百科事典としての『日本共産党(行動派)基本文献・全5巻』などがある。